EDになる人の理由は人それぞれです。特殊な病気や日頃の生活の影響でEDになったりと様々な原因があります。それぞれの原因について理解していきましょう!

ED治療に効果あり!レビトラ徹底検証
  1. トップ
  2. EDの主要4原因

EDの主要4原因

勃起障害については四分の一の男性が中度もしくは重度のEDに悩まさせているこの現状ですが、具体的にどういう事が原因となって起こりうるのでしょうか。

原因として、大きく分けると4つのタイプに分けられます。

器質性

まず動脈硬化の進行や神経自体に障害があることでEDとなる「器質性ED」です。

五十代の男性に多く、歳を重ねることによって起こる加齢性のEDもこの器質性のEDに属しますが、動脈効果により男性器の海綿体が硬くなり血液が十分に流れ込むことができず、海綿体が拡大できない事などが原因となりEDを引き起こしやすくしますが、さらにこの症状に糖尿病及び高血圧いった病気も同時に患っていると障害の具合が重度になったり、治療や改善に時間を要する形になります。

心因性

日本人男性のEDになる原因が一番多いとされているのが精神的に負荷ををうける事が原因で発症する「心因性ED」です。

三十代から四十代の男性のほとんどはこれが原因です。
今の日本は国も認める程のストレスが横行している社会で、毎日の生活の中で知らず知らずのうちに精神的負荷を受け我慢をしている人が男女問わずたくさんいます。

毎日の仕事、私生活、家事など人によってストレスを溜めるところは様々ですが、上手にストレスと向き合うことができず解消もできない、そんな男性が非常に増加していますが、その状態が日々続くことで中枢神経などに影響を及ぼし脳からペニスへ送られる興奮を伝達する信号が上手に伝わらないことでペニスが勃起できなくなる事態となります。

これはストレスの根本を解消、節度ある生活などを心がけていく事で改善へと繋がっていきます。

混合性

器質性のEDと心因性のEDのどちらの要因も含んでいることが原因で起こる「混合型ED」です。

これは五十代と六十代に非常に多く、動脈硬化の症状を改善するために治療をししつつ精神的な面でストレスを解消していくなど決して簡単ではなく症状の重さも個人差がとてもあります。

薬剤性

4つ目は病気などによって特定のお薬を服用していることで、その副作用などからEDとなる「薬剤性のED」です。

これは中枢神経や末梢神経、循環器系、消化器系などの薬剤で主な種類としては、解熱剤や睡眠薬、向精神薬、筋弛緩剤や血管拡張剤などがあげられます。

薬剤性のEDは対象となるお薬自体の服用を控えることで身体が自然と改善へと向かっていきます。

▲このページの先頭へ