EDは単に性行為ができないだけではないんです!EDが原因で起こりうるトラブルを回避するためにもED治療薬の有効性を理解しましょう!

ED治療に効果あり!レビトラ徹底検証
  1. トップ
  2. ED治療薬の有効性

ED治療薬の有効性

勃起障害は今や男性一人一人の問題ではなく少子化の一つの要因にもなっていることから日本全体の問題といえます。

1998年にアメリカの製薬会社からバイアグラというED治療薬が開発され、多くの男性が男性器が起たないという悩みから救われることになり、その驚きの効果や利便性がとても話題になりました。

そこからヨーロッパなど先進国を中心に取り入れる国が増えてくる中、日本でも1999年に認可され、医師などが処方することが可能になりました。

バイアグラの認可から支持獲得

認可されたからといってすぐに支持されたわけではなく、一般的に浸透したのはそこから数年後でした。

理由としては海外の医薬品なので日本人の体質を対象に作られていないことや副作用に対して懸念されていたことが原因と言われています。

それでも医師から処方されたりする中で数年かけてその有効性が一般的に知られてきます。
少しずつ支持と人気を集めていく中でどうしても副作用などに対し、心配や不安を口にする人も比例して増えていきます。

バイアグラの認可から支持獲得

認可されたからといってすぐに支持されたわけではなく、一般的に浸透したのはそこから数年後でした。

理由としては海外の医薬品なので日本人の体質を対象に作られていないことや副作用に対して懸念されていたことが原因と言われています。

それでも医師から処方されたりする中で数年かけてその有効性が一般的に知られてきます。
少しずつ支持と人気を集めていく中でどうしても副作用などに対し、心配や不安を口にする人も比例して増えていきます。

第二世代レビトラ

そんなとき第二世代と呼ばれるEDの治療薬が登場します。レビトラという製品でこれはバイエルというドイツの製薬会社で、効果や効能というところにおいてはバイアグラと大きな違いはないですが、副作用が少ないことで有名になりました。
さらには服用してから効果が表れるまでの時間が短く即効性に優れているといった特徴もあります。

第三世代シアリス

さらに第三世代と言われるシアリスという治療薬が開発されます。

シアリスはアメリカのイーライリリーという会社の製品で、有効成分が10mgのものと20mgのものがあり、副作用や効果の強さを体質によって選ぶことができ、レビトラとは真逆で即効性はないものの24時間から36時間効果が持続するのが特徴です。

こうしていろいろな種類が登場し、体質にあったものが選べることなどが、その有効性や効果、評価を見直すきっかけになり、根本的に治療するには時間はかかってしまいますが、問題なく生殖行為を行うことができるということで、障害を持つ男性で行為時に服用する人が急増するなど日本にも浸透しました。

古来漢方とレビトラ

即効性があり、勃起不全を効果的に改善してくれるレビトラですが、従来の精力剤とはどのような違いがあるのかご存知でしょうか。

ED治療薬が生まれる前は、勃起不全の治療には精力増強・滋養強壮効果のある漢方などが用いられてきました。
漢方は実際に使われ効果があったものを受け継いできたものですから実績もありますし、長い年月をかけて調整されてきているので副作用は出にくいと言われています。

高麗ニンジンやすっぽんなどの天然原料によって作られており、勃起を助ける性機能の向上効果だけではなく、滋養強壮など身体そのものが持つ体力の向上、疲労回復などを図り、根本的なところから勃起不全を改善していこうというものです。

また、精力剤の中には催淫効果の得られる媚薬成分が含まれている場合もあり、その場合は性欲アップにも効果が得られます。

ですから、精力剤は勃起不全の治療だけを目的としているわけではなく、体質改善を図りつつ長期的に勃起不全の治療をしていくもので、その点で大きくレビトラと異なると言えるでしょう。

レビトラは勃起機能の回復だけを目的としていますから、精力剤のように体質改善の効果はないものの、ED改善や効果持続時間の長さにはハッキリとした効果を得られます。

即効性があり、服用後すぐに効果を実感できますから、心因性のED改善にも効果的です。
漢方薬ほど個人差はありませんから、一定の効果を安定して得たいのならばED治療薬、じっくりと根本から治していきたいのなら精力剤と使い分けると良いでしょう。

▲このページの先頭へ